医学部進学の実績あるだけに満足できる予備校だった

苦手科目を得意科目にすることができた

医学部予備校は実績も豊富なだけにとても満足度の高い | まずは基本的な部分からのやり直しから | 苦手科目を得意科目にすることができた

受験対策には苦手科目をとにかく潰すことにあるのですが、苦手科目を得意科目にすることができたというのは自分にとってかなりのアドバンテージになったのです。
それ以外のものに関しては特別得手不得手もなかったのですが、やはり指導力が凄いのでどれも得意科目というところまでは行かなくても今までよりもはっきりとできるという感覚になってきたのです。
段々と本番は近づいてきましたが、それに合わせて自分の実力もついていくのを実感することができこのままのペースであれば問題なく合格できそうだという感じがありました。
もちろん、絶対ということはありませんし過信しすぎている部分もあったかもしれませんが、あまり悩み過ぎるとプレッシャーで押しつぶされてしまうから少しぐらい自信があるぐらいの方がいいとアドバイスをされたのでそれを信じて少し自信を持つことにしたのです。
さすが日本版は少し心配でしたが、試験が始まってからは緊張も解けできるという気持ちを持って試験にのぞんだところ満足の行く出来で試験は終了しました。
後は天命を待つという感じでしたが、合格発表までは本当に落ち着かなくて合格でも不合格でもいいので早く結果が知りたいと思っていました。
そのような気持ちで待っていただけに、合格だとわかった時というのは本当にホッとして肩の力が抜ける感じがありました。
その後は予備校の先生に連絡をした時に、一緒になって喜んでくれたのも嬉しかったです。